FC2ブログ

Wonderfulな日々つれづれ

4ダックスとの、のんびり生活をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とつぜんの大出血 ヒナの歯周病

をハウスにいれて、お買い物

昼過ぎに帰ってきて、 をハウスから出して、
そのあと、買ってきた食材を冷蔵庫にいれて、
何気なく、ワンの水入れをみると、
その横に、ポタポタと丸くて赤い血のあとが・・・

だ、だれの、ちぃ~、血~、ちぃ~


多頭飼いの一番のデメリットは、これと、断言しても間違いないと思う。
血尿を見つけても、嘔吐のあとを見つけても、
血のあとを見つけても、
なにを見つけても、
まず、誰なのか確定しなければ何もはじまらない。

だれの血なのか・・・
あせる気持ちを押さえて、 を、 を皿のようにして観察、観察、観察。

異様な殺気と視線を感じて、
ワンたちの動きは止まり、
8個の目が私を見るだけで、動かない

動いてくれぇ~、そして、血が出てる子は、もう一回血をみせてくれ~、
そうしないと病院へいけないよぉ~

血を見せてくれ~、なんと、飼い主としてあるまじき発言だけど、
こういう時は、正直、本当にそういう気持ちになります。
とにかく、はやく、どの子なのか突き止めたい。


この日も、結局、突き止めるのに、1時間くらいかかってしまいました。

ヒナでした。
歯からの出血でした。

いい訳になりますが、
個人的に、3月、4月、5月と、
とにかくバタバタと用事が立て込んでいて、
それが終わったら、ヒナのスケーリングをと考えていました。

病院の院長先生にもそのつもりでお願いしていました。

それが、まさかの大出血。

抱き上げると、うれしそうに顔を寄せてくるヒナ。
私の肩には、ヒナの血があっちこっちについて、
ただ事ではないと思いました。

今日は、院長先生は午前診だけで、昼からはお休み。
でも、そんなこと、気にしてられない。
とにかく、すぐに病院へ

午後診が始まったばかりでした。
院長先生がお休みなので、
どの先生に診ていただくか、受付で聞かれました。

その日、診察に入っていたT先生。
ヒナがブドウ膜炎になった時、やっぱり院長先生がお休みだったので、診ていただいたことがあります。
まったく診ていただいたことがない先生より、
一度でもみていただいたことがある先生の方が、なんか安心できるような気がして、
予約の患犬さんの診察が終わるのを待って、診ていただきました。

犬歯から、出血しているとのこと。
かなり悪いらしくて、
止血しても、一時的には止まっても、
ヒナ自身が気持ち悪いのか、自分の舌でさわって、
また出血してしまいます。

通常、手術やスケーリングは、
午前診と午後診との間の時間に行うのですが、
明日の午後まで待っていて、
もし、万が一、それまで出血が止まらなければ、
最悪、輸血が必要になるかもしれない。
今のヒナの状態が、一刻も待てないというほど差し迫った状態ではないけれど、
なるべくリスクはさけたいから、
今日、このまま入院して、午後診が落ち着いてたら、
すぐにスケーリングをしたほうがいいと思う。

T先生の説明に、納得するやら、
時間外にスケーリングしていただけるのがありがたいやら、
とにかくよ~っくお願いして、ヒナをあずけて帰ってきました。

午後、8時前に、T先生から電話があり、
無事に終わったと連絡がありました。

ヒナは、ちゃんと麻酔からさめて、
落ち着いているとのこと。

本当に、良かった。

歯からの大出血なんて、
アイの時みたいに、免疫抑制しているわけでもないのに、
飼い主、失格だね・・・

ごめんね、ヒナ 








スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

yasuyo

Author:yasuyo
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。