Wonderfulな日々つれづれ

4ダックスとの、のんびり生活をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクのCT検査の結果

5月8日に、CT検査を受けたミク。

検査の結果は、最悪なものではありませんでしたが、
けっして楽観できるものでも、ありませんでした。

肝臓に、腫瘍があることは、エコー検査でわかっていました。
その腫瘍が、良性なのか、悪性なのか。
そこまでは、CTでもはっきりとはしませんでした。
ただ、画像を見た院長先生と、専門医の見立ては、
おそらく良性のものだろうという事でした。

まずは、悪性でなくて、良かった。

CT検査を受けて、
簡単な説明を聞いて帰った日(5/8)、
この時点で、詳しい事は何もわかっていませんでしたが、
私たちの考えはきまっていました。
悪性ならもちろんのこと、良性でも、手術はしない。 
14歳のミクには、あまりにも負担が大きすぎる。
回復して、簡単に切除できる腫瘍ならまだしも、
奥の方で血管を巻き込んでいるかもしれない。
そうなったら、良性でも、手術のリスクが上がりすぎてしまう。

そんな、冒険は、できません。

自分たちの意思を、
院長先生に、どう伝えればいいか・・・。
うまく、伝えられるだろうか・・・。
少しだけ、不安でした。

CT検査の結果を、一通り説明してくれた後、
院長先生から、
「あくまでも僕の意見ですが」と前置きをされて、
今現在、特に症状もなく、ふつうに暮らせているから、
無理に手術をしなくてもいいのではないかと、言われました。

おそらく、私たちの思いを、察しての意見だったと思います。
ふだんの会話から、私たちが望んでいるのは、
「普通の暮らし」だと、感じておられたのだと思います。

何月何日に、診察を受ける、
  そういうことではなく、
  あいだ、あいだに、診察を受けて、
  時々検査もして、
  体調がかわれば、お薬を変えたり、増やしたり、
  できるだけ、ミクの体調を整えて、
  ミクの負担や不調を軽減させることを一番にやっていく。

これが、ミクのために決めた、治療方針です。

体調がよければ、
毎月血液検査をするアイといっしょに診察をうけることにして、
たとえば下痢とか、食欲不振とか、
なにか症状が出た時は、その都度診察をうけて、治療する。

毎日、機嫌良く暮らせる事を目標に、
これはミクだけでなく、
アイも、ヒナも、ランも同じ。

ワンも、人間も、機嫌良く暮らしたい。
その為に、できる事を選び、決めて、やっていこうとおもいます。

今日も、お天気が良かったので、おさんぽ。

いつも、クールなミク。
カメラをむけても、めったに笑いません
IMG0231.jpg
ミクとは反対に、
いつでも、どこでも、ヘラヘラヘラヘラ・・・
いえいえ、ニコニコ、ニコニコの、アイとヒナ。
IMG0232.jpg

今日も、ゴキゲンです



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

yasuyo

Author:yasuyo
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。