FC2ブログ

Wonderfulな日々つれづれ

4ダックスとの、のんびり生活をつづります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランの骨髄検査と、その後

去年の春、ランが体調を崩し、
うちの子たちがお世話になっている病院へ転院した時、
院長先生から「骨髄検査」をすすめられましたが、
ランの年齢や、母の思いなどもあり、
検査はみおくり、
発症した時の経緯や症状、その他の検査結果で、
おそらくはIMHAか赤芽球癆だろうと判断し、
いろいろと治療を試みてきましたが、
おもうような結果は、でませんでした。

効果を確認できない免疫抑制剤や、プレドニンを
ながく飲ませるのは意味がないと判断し、去年の末で断薬。
貧血がすすめば輸血をするという治療に切り替えました。
その後、PCVの下がりが徐々に速まり、
もともと高かった血小板の数値がさらに上がり、
6月に入ってからは、測定不能が続くようになりました。
なにかが、ランの身体の中でおこっています。
今までとは、明らかに違うと感じました。

院長先生と私たち夫婦と、私の母とで相談して、
骨髄検査を受けさせることにしました。

検査をすれば、いろんなことがわかり、
治療の方向性もはっきりとして、
うまくいけば、輸血から解放されるかもしれない。

うまくいけば、というまくら言葉がついているのに、
輸血から解放されるかもしれない
この一言にものすごい思いと願いを込めて、
7月24日、ランは骨髄検査をうけました。

けれども、事はそんなに簡単には運びませんでした。

ランの骨髄の中に、骨髄液はほとんどありませんでした。

そんなことが、あるのか・・・。
説明を受けた時は、ただ茫然と、そう思いました。

検査さえ受ければ、いろんなことがわかると思っていたのに、
骨髄液がとれなかったので、
詳しい事は、なにもわかりませんでした。。

まず、疑われるのは、「骨髄繊維症」

けれども、骨髄繊維症かどうかは、
ランが受けた骨髄穿刺ではわからず、
骨髄の組織の一部を採取して、
骨髄の変化(線維化)を証明するという、
生検を受ける必要があります。

骨髄穿刺だけでも、
ランと私たちにとって、とてもたいへんなことだったのに、
それ以上の検査が、はたして必要なのだろうか・・・。
骨髄生検を受けたとして、
確かな結果が出るのだろうか。。。
その保証は、ありません。
「骨髄繊維症」と、確定診断されるかもしれないけれど、
ただ、「骨髄繊維症」ではないことがわかるだけかもしれません。

院長先生と、私たち夫婦で、
いろいろと話し合い、
生検はしないことにしました。

ただ、骨髄が繊維化していることは確かなので、
慎重にチェックしながら、
「MP療法」を試してみることにしました。

これが最後です。
この治療で、良い結果がでなければ、
あるいは、きつい副作用が出るようであれば、
治療は終了します。

そして、PCVが下がれば輸血をし、
血小板が下がらなければ、
血栓予防のためにアスピリンを飲ませて
体調が崩れないように、
崩れたら、すぐに気づけるように、
毎日、気をつけて、
普通に、暮らしていこうと決めました。

7月29日から「MP療法」を初めて、1ヶ月。
毎週、血液検査を受けていますが、
それらしい結果は、まだ出ていません。

今日も、診察を受けてきました。
PCVは若干のブレはありながら、結果としては下がり、
投薬1週間後の8月5日に、28%あったPCVが、
今日(9月2日)は18.9%。
血小板も、測定できる範囲になりましたが、
あいかわらず高値です。

なかなか、思うようにはなりません。

幸い、ラン自身は、とても元気で、
吐いたり、下痢をしたりという副作用は一切なく、
それどころか、
よく食べ、よく遊び、よく寝て、とても元気です。
今、我が家では、人間も含めて、
一番元気にはっちゃけているのは、間違いなくランです

アイが赤芽球癆で
なかなかよい方向に進まなかった時、
そんな時でも、アイはとても元気でした。
そんなアイの妹、ラン。
やっぱり元気いっぱいです。
きっと、アイ姉ちゃんの真似をして、
がんばってくれるはず。
そう信じて、
そう願って、
これからも、がんばります。

gennki.jpg
ミクに似て、カメラを向けても笑わないラン。
なんで、そんな変なとこだけ似るのかなぁ~


スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

イメージしたのと違う結果がでると、
頭が真っ白になりますよね。わかります。

生検をしたくないという判断。
みんなの判断。
正解だと思います^^

麻酔が必要な検査や手術の場合。
だいたい、年齢の話になり、

あとでといっても、あとのときに、できない状況に
なってるかもしれない

と、毎度毎度いわれてました^^;
なんといわれようと、
「しません」
と返事をし。

でも、気になりだしてやっぱり。。。っと焦ってきたとき
やってみたり。あたま、ぐるんぐるんですよね。

家族で話し合える。
これは、この子たちが与えてくれた、
家族の絆。。。。ですね。

ランちゃん、血小板へ少し減ったのね!
すごいじょ〜〜。

で、やっぱり、ほらほら〜〜〜
にてますよ〜〜〜凛に〜〜

鼻ずぼ真っ黒も、晩年の、お目めぱっちりも
そっくり!田吾作感も、そっくり〜〜
かわいいな〜^^
  • posted by とこ 
  • URL 
  • 2015.09/08 19:13分 
  • [Edit]

とこさん、 

今回は、ちょっと凹みました。
なるべく期待しすぎないようにって気をつけてたのに、
やっぱり思いっきり期待してたみたいです(笑)
生検してもね、はっきりするかどうか、わからないんです。
かなり、レアな方向に進んでるみたいで、
正直、森に迷いこんだような心境です。
そんな中でも、ノー天気なランの元気さに癒され、励まされます。
ヘラヘラ、ニコニコ、笑い飛ばしていくしかないと、今は思っています!(^^)!。。。

凛ちゃん、田吾作でした?
うちのランは、今でこそマシになりましたが、
小さい頃はホント、田吾作子でしたwww。。。
最近はかなりマシになって、ベッピンに進化中で~す(^_-)-☆←親バカですみません(笑)
凛ちゃんレベルまで、ベッピン度が上がってくれるといいなぁ~e-266
  • posted by yasuyo 
  • URL 
  • 2015.09/08 23:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

yasuyo

Author:yasuyo
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。